印象に残ったキャッチコピー

「あるwebライターのつぶやき」というこのブログは、ほとんど思いつくままに書いています。
また、webライターを称するこの私からして、ライターとしての正規の勉強は一切しておりません。
ですから、キャリアのあるライターから見ると、なんかヘンなことを言っているな、という感想をお持ちの方もいらっしゃると思います。 そこは、私自身の感性に正直に従っているだけなので、私流ということでお許しいただければ幸いです。

 

さて、前置きが長くなりました。
Webの仕事をしていると、さまざまなサイトを閲覧し参考にします。
その中で、最近見たサイトですが、うーん、と唸るキャッチコピーがありました。そのころ、そのサイトとほとんど同業のサイトをつくることになっていたので、印象が特に深かったのだと思います。

 

そのコピーはこうです。
企業サイトのTOPのキャッチコピーは「ホネのある会社」で、採用のための専用サイトのTOPは「ホネのある仕事」と言い換えていました。
この会社の業種は建築用の鉄骨加工メーカーであり、地元では大手、全国的にみると中堅というところかと思います。この会社の業種は人手不足が常態化しており、それで一般的な企業サイトのほかにリクルートのための専用サイトをつくったのでしょう。

 

私が唸ったのは、事業である鉄骨加工の「骨」と、気骨というニュアンスの「骨」を掛けあわせた点がなかなかうまいと思いましたが、それだけではありません。
地元の名門企業であっても当節なかなか3Kに属する業種には人が集まりません。
それをあえて逆手にとり、工場や屋外のキツイ仕事を正々堂々という感じで、「ホネのある」という古風でスタンダードなイメージに置き換えたところがスゴイと思ったのです。
このコピーには、堅実な会社とか、浮ついたところのない会社という前向きなイメージがあります。
多分多くの人がそういうイメージもち、そのうちの何%かの人が採用試験にエントリーするだろうと思わせるスグレモノです。
テキストで多くを語るより、本質的で全体的なイメージを一瞬にして呈示する、ここにキャッチコピーの真髄があります。

 

ところで、「人様のコピーはともかく、アンタのコピーはどうなの」という声が聞こえてきそうですがそれはいずれかのときに譲ることにして、ここでは中小企業のための価値あるホームページをつくるため日々精進し、苦心惨憺頑張っています、ということでお許しください。