あるWEBライターのつぶやき

今日は、webライターの仕事についてお話します。

ライターですから、簡単にいうとモノカキのことです。モノカキにwebが頭についていますので、ホームページの中の文章を書く人間をwebライターと呼んでいます。
新聞記者や作家のような高級なモノカキとは違い、インターネットの文章ですからアップされた文章も簡単に削除することができるので、やや軽いイメージがあります。
だからといって、大勢の人の目に触れる可能性がある以上、どうでもいい文章をかくわけにはいきません。私の会社では企業や学校など様々な団体のホームページ制作を有料で請け負っているので、やはりきちんとした文章を書く必要があります。そうすると、当たり前のことながら書く際は苦労します。制作対象企業の業種は千差万別であり、業界の知識や専門知識も必要になることもあって、文章を創るまえにそれらに関する勉強やネタの仕入れも重要になります。

準備万端が整ったらいよいよモノ書きになります。
トップページには、キャッチコピーが必要です。これがまた苦労するのです。そういうものはお客様からもらえればいいのですが、文章(業界用語でテキストともいう)も含め、お客様からなかなかいただけないのが実状です。それらをユーザーの支給ということにすると、いつまでたってもホームページは完成しないのです。

キャッチコピーは強く印象に残るように、そしてシンプルにつくります。
キャッチコピーがきまると、結構格好いいホームページができます。しかし、コピーは所詮コピーでしかありません。ホームページの肉付けはやはりテキストなのです。トップページの文章はできるだけ格調高く、格好よくまとめます。業界によっては親しみ安い文章やオシャレな文章、またできるだけ漢字をつかわずにかわいい文章にすることもあります。
事業案内などの下層ページは、材料がそろえばそれほど気をつかわずに、すらすらとできます。といっても、業界によっては大いに苦労することもあります。
全体としてはwebライターの仕事はやはりクリエイティブであり、気もつかいます。

私たちの仕事はざっとこんな具合ですが、完成したホームページがお客様からよろこんでもらえたら苦労も報われます。 

 

025-257-7720